FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2007/10/02(火)   CATEGORY: 日記
色々リンク。
以前書いていた、某小説が原作の映画脚本を書いていたという話。

詳細を発表しますと

アディクトの優劣感

であります。

渋谷Q-AXシネマにて12/22よりロードショー!!!



たまたま以前かいていた日記(2005/11/18)に感想を書いていたら、プロデューサーさんから、この脚本のお話をいただいたのです。

blogになんでも書いてみるもんですね。

とにかくこの原作『アディクトの優劣感』amazonで買えますが、すばらしいんです!

小説原作は難しいんですが、なんとか、この良さを表現したく、がんばらせてもらいました。

みなさん、12月は渋谷に足をお運びください!

劇場HPに載っていたストーリーの詳細です。

『34才の誕生日を目前に謎の自殺を遂げた「由季宏」のパソコンに、見なれぬテキストデータが残されていることを恋人「玲加」は発見。それは「玲加」に宛てた「由季宏」の遺書だった。そこにはセックスとドラッグにはまり続ける、「玲加」のまったく知らなかった「由季宏」の姿が赤裸々に綴られていた。ドラッグ所持での仲間の逮捕、「ヒノコ」という不思議な女性に、まるでドラッグにはまるように魅せられていく「由季宏」の内面、そしてあらゆる限界を突破(「リミッターカット」)するために、やがて最後には人間最大の限界である「死」の突破へと向かわざるをえなかった「由季宏」の本心が、「玲加」への愛と感謝とともに明らかになる。』

「アディクトの優劣感」の映画(近日詳細発表)の スピンオフ企画として、10月1日より Legimo (レジモ)というケータイサイト
(http://legi.jp これはケータイのみ有効)
の小説ひろばで、オフィシャル小説の 連載が始まっている模様です。(無料)

スピンオフということもあって アディクトの人気NO.1キャラのヒノコの話のようです。。

タイトルは『ヒノコの未知草(みちくさ)』
です。

そちらも宜しくです!!



さて、先日の『アンラッキーデイズ』堤幸彦監督のblogで感想を書いてくれていました。

ありがたいです!!

blogで、色んな方の感想も読ませてもらいました。

暖かい感想が多く、嬉しく思っております。



あと、先日のJ-WAVE25の詳細がここに載ってます。

ラジオドラマ脚本のストーリーです。

見てみてくださいな。



さーて、連日のファミレス徹夜地獄も今週で開放されるかなー。。。
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2007/10/02(火)   CATEGORY: 日記
『アンラッキー』サントラ&『J-WAVE25』
20071002001108
写真は関係者限定に配られた、今回のサウンドトラック!

サカエコーヘイさんの素晴らしい音楽が詰め込まれました。

同じ90年代テクノを愛してきた世代で、趣味がバチコーンって合いました!

プレミアCD!

サカエさんありがとうございます!

みなさんサカエコーヘイさんのHP覗いてみてください。

素晴らしい経歴の方ですよ☆

あ、昨日J-WAVEで僕の書いたラジオドラマがオンエアーされていた模様。

J-WAVE25『THEATER MATSUMOTO』内で、4つの短編ドラマが流れ、そのうちの1つ『クビワ』を書きました。

J-WAVEのホームページを見てみてくださいな。

キャストは小劇場で注目される、『はえぎわ』のノゾエさん、『親族代表』の野間口さん、『宝船』の新井友香さんが演じてくれました。
豪華なメンバーだ。

いかんせん、聞きのがしたんですが、誰か聞きましたかね?

どうだったんだろうな…?

最近は
毎日プラスイズムの稽古。

1時間10分の内容に、ニシナガイズムが凝縮されてます~ヽ('ー`)ノ~

お楽しみに!

そして、
先日10年来の友人に会いました。

変わったのは見た目だけで、性格は全く変わってなかったなー。

『アンラッキー・デイズ』はこういった劇的な再会をも演出してくれました☆

公私共々楽しく浮き上がってきたかな~。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ