FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2008/10/05(日)   CATEGORY: 日記
『アロマ』稽古場日記5と、その他諸々。
20081005230517
最近は忙しい感じで頑張ってます。
なんせ、台本を必死こいて書いておるのです。
全世界の劇作家さんやライターさんという職業の人も、寝ないで書いてるんだなーと思うと、ちょっと勇気がもらえる。

がんばろって。

写真は先日、ひょんな事から劇団員・佐々木邸に行った時の写真。
カイカイキキ。
ピンボケしてます。24時間テレビのTシャツにもなりましたが、この右のピンクの子にそっくりな知り合いがいます。
その子は、かわいらしい女子なんですがね。
似てるわー。

佐々木邸の新居に初めて行ったものの、滞在時間15分。
なんの感動もありませんでした。
だって、前の部屋とそんなに変わってなかったものですから。

昨日は劇団員ムランティン・タランティーノの誕生日。
プチドッキリをしかけ、まんまと?ひっかかってました。
良かった良かった☆

衣裳担当のムランティンと私が、大石里沙さんの衣裳を決めている所に、劇団員ヴィンと制作女子さんが、稽古場にあるピアノを弾き出す(崖の上のポニョ)。

それを軽くキレて注意するわたくし。

その後衣裳合わせでまたピアノがなると共に、電気が消え、ハッピーバースデイ
のピアノがなる。

喜ぶムランティン。あーさっきのは、この前振りなのかと。

秋枝「本日、誕生日の人がいます」

村木「あ、ありがとうございます」

秋枝「大石里沙さんです!!」

村木「(絶句)」

大石さんにケーキが渡り、全員で大石さんを祝福。ムランティンも拍手してました。

大石さんがケーキのろうそくを消そうとした所で、

大石「って、なんでやねん!!」

最高の関西弁でノリつっこみを披露。

とまぁ、ここから、無事に村木にケーキが渡りました。

途中の、「ありがとうございます」で振り上げたムランティンの右手も、大石さんが誕生日なんだと気付いた瞬間、ダチョウ倶楽部ばりの「どぞどぞ」みたいな感じにシフトチェンジ。

爆笑させて頂きました。

happy birthday☆

今日から昼夜稽古。
いやー。差し迫ってきましたね。

稽古場にはたくさんの女性がいます。
スタッフさん達なんですが、女性キャストもいるもんだから、なんか華やかーな稽古場です。
今までは男子校な感じでしたが、今は共学な雰囲気。
そりゃ、百戦錬磨の岸さんもテレますよね! すいません。

稽古も着々と出来上がってますね~。
みんな刺激しあって、良いベクトルに向かってます。

もうすぐですなー。
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ