FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 日記
『アロマ』ボツネタ集。(ネタばれ含む)
猫☆魂vol.13『アロマ』という作品は、初稿が2時間40分という最中記録を叩き出したと以前書きましたが、今日は削られた、いや、泣く泣くカットしたシーンの一部を記します。

あわよくばやっていたかもしれないネタの数々であります。

どうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・オタク役のカメオが歌うミルクティーの歌、実はフルコーラスバージョンがあり、マネージャーのマスダはその歌詞に全部ツッコミをいれていた。

・マネージャーのマスダは、『ビレッジバンガード』に何故かめちゃくちゃ思い入れがあり、バカにされるとキレる。

・ネットカフェ難民のハルキが持つタウンワークは『読者用』だと言い張る。

・オタクのカメオが、globeのマーク・パンサーを思い出すシーンがあったが、今のタイミングだと色々被っててどうだったんだろう…。

・監督のキタノは、自らを『世界のキタノ組』と呼ぶ。そのために女優志望のアイは監督に対して不信感をつのらせる。

・介護士のコンゴウチは、4年後のシーンから登場するため、ロンドンオリンピックで日本人が大活躍していたことを熱弁。

・4年後、マネージャーのマスダは、Amazon.co.jpに対して、物凄い知識を持つ。

・介護士のコンゴウチは、マイ昆布茶を常時持ち歩いている。

・女優志望のアイは『牛ドル』として売っていたが、牛乳が嫌いであったため、その事実はトップシークレットだった。

・介護士のコンゴウチは昔、悪い環境にいたらしく、周りにはヤクザみたいなもんしかいなかったらしい。

・介護士のコンゴウチの子守歌は、どんなジジババも寝沈められる…。

・バンドマンのKJが見た目もあいまって、みんなから外国人に間違えられる。

・オタクのカメオは、マスダに『レモンティー』という歌を歌う。その歌詞の内容がとても言えないような感じで、今思えば削ってよかったのかも。

・カメオとマスダの対決シーン、カメオが持っていた武器は手裏剣だったが、ナックルサックも持っており、ナックルサックと手裏剣で襲いかかっていた。

・カメオの桜田愛ファンクラブ会員番号は12359番で、大分後期のファンであった…。

・バンドマンKJの帽子を無理やり取ると、髪型がヒドい。

・漫喫のミサコのあだ名が『ミス・クエッション』

・ミサコがハルキに告白をするも、『ミス・クエッション』は告白も疑問系。見事に玉砕される。というのも、ハルキは被害者のカオリに対して恋心が芽生えていたのだ。

・大麻で捕まった伊集院であったが、監督のキタノもなんか白い粉を大量に所持していた。

・カメオは、マスダ用のわら人形を使用していたらしい。

・カメオはアイにサインをもらうとき、4年間ずっと同じページにサインをしてもらう。どうやらそのページにある胸のほくろが好きなようだ。

・ミツオとカオリが窓から見る『ハゲ散らかったおじいちゃん』の名は、権三郎じいちゃん、享年78歳。

・ラストでカメオとハルキが4年ぶりに出会い、今回の芝居では一度も絡まなかったね、と追いかけ回す。

とまぁ、こんな感じです。
書いていて、カメオ、マスダ、コンゴウチが多いですね。
本当はこの3人はいっぱい喋ってたって事ですかね?

わからない人はすいませんでした。

ではでは。

さよなら『アロマ』。
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*7 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ