FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2009/03/25(水)   CATEGORY: 日記
劇中歌。
20090325193058
アロマの中では、Spanish Gauguinというバンド(略してスパゴー)が劇中歌を6曲ほど歌っておりました。

6曲といっても同じ曲を何度も歌ったりしていたので、のべ10曲以上は歌っていたかと…。

そのうち1曲は、岸さん演じるカメオが歌った『ミルクティー』という曲ですが、あとは、スパゴーが歌ってまして。

中でも、6曲目の『Time passed by』という曲がべらぼうに良いのです。

シーンでいうと、ラストの病院の屋上で主人公のハルキが、罪を償おうとしていたカオリから
「もう罪は償わなくて大丈夫ですよ」
と言われる所にかかる曲です。

歌詞にあるとおり、

自分にできる事は、あなたの前から消え去る事なんだ。

という、なんとも悲しいハルキの心情を描いております。

そんな6曲目。

ただ、本番中ではBGMとして流れていたため誰一人歌詞を聞けてないと思います。

ここに披露。

スパゴーが持っていた歌詞が書かれていた紙を隠し撮り。
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*3 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ