FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2009/10/14(水)   CATEGORY: 日記
友を思う。
『ありがとう! グラスホッパー』の打ち上げを朝までやった翌日、劇団員・菊地柳信の七回忌のため、横浜へ向かう。
正式な七回忌は、彼の故郷・仙台で行われたらしく、この日は友人・知人達だけで『偲ぶ会』のようなテイストのものを行った。

今回は私が幹事として、色々な方に声をかけさせてもらった。

毎年、この時期にみんな再会し、彼の実家へ行き、彼の部屋にある仏壇にお線香をあげ、ご両親が予約している近くの中華料理屋さんでご飯を食べる。こんな会を6年間行っている。

去年は『プラスイズム』の本番のため、私と劇団員・ムランティン・タランティーノは参加できなかったが、今回はがっつり参加できた。


久しぶりに彼の写真を見たが、全く変わらない。当たり前だが、こちら側がどんどん老けていくのだ。彼だけが27歳という年齢のまま変わらない姿を写真の中に残す。
線香の匂いが鼻をくすぐり、居間で流れる彼出演の舞台ビデオが視覚に残り、懐かしさを演出する。いつまでも変わらない光景だ。


この日は、会食の席で、ご両親の挨拶の後、私が献杯の挨拶をした。
何を言おうか前日まで思い浮かばず、たまたま彼が最後に出た猫☆魂の公演、vol.3『箱舟』のダメだしノートなるものを家で発見し、そこに書かれていた当時の彼へのダメだしを献杯の挨拶で紹介してみた。

そこに書かれていたダメだしとは…、


「MCトマル(彼の役名)、ラップのとき、ヒャアヒャア言い過ぎ」

 
どんなダメだしだ…!!(笑)


飲み会では、そんな彼の思い出話に花を咲かせた。ご両親とも沢山話せたし、みんなとも色んな話で盛り上がった。2時間程度で偲ぶ会はやむなく終了した。


お店を出ると、なぜか名残惜しく、なんだかこのまま家には帰りたくない気持ちに襲われ、何人かで渋谷へ移動し、飲む。
そこでも彼の話題に花が咲く。


彼は、毎年私達を再会させてくれる伝道師にでもなったのか。



悲しみなんてのはもう無くて、笑って話せるようになった。今となってはね。



今でも彼を愛しく思う。
この日来てくれたみんなが、彼を心から愛していた。
この日来られなかった、彼を知っているみんなも、彼を愛しているはずだ。



季節の変わり目に、憂鬱になる仲間もいるだろう。

tgmejtqxreoatpdw_re.jpg


何事もうまくいかない事が、目の前に立ちはだかり、迂回の道すら見つけられず、ウロウロウロウロしてしまう。
でも、顔を上げれば、助けてくれる仲間、友人、知人、ましてや知らない人だとしても、たくさんいるはずなのだ。

今、この瞬間生きているのだ。

風が吹き、

cd2b259a_convert_20091014204556.jpg

人々は呼吸をし、

3748a8773f5a22734bdd66eebe3087d5.jpg

明日を迎える。



秋の夜。彼を思う。




世界は色んな人のドラマが同時進行で進みゆく。
その中で、我々は生きている。

誰かを悪く言うのはよそう。
信じて待ち続けることも必要だ。

『アンラッキーな日々は、ラッキーな日を創る大きな前振りである』
J.B.キングこと、私の言葉でもありますが、
このブログのタイトルともなった『アンラッキー・デイズ』は、彼のために書いた作品だ。
そして、この世に生きとし生きるもの全ての方に伝えたい言葉だ。


『ラッキーであるかどうか、それはその人の価値観の問題です。』

『この世はまさに『アンラッキー・デイズ』』

『生きていくしかないのです。』

『でも、あなたがもし最近ついてないと思うなら、』

『もうすぐそこに、』

『『幸せ』が待ち構えているでしょう。』


この言葉を、この文章を言いたくて、我々一同があの公演を行ったのだ。


まだまだ、私達の先には長い道が続いている。

20090918_954367.jpg

自分を良く見せようと必死になって努力したり、背伸びしたっていい。

resser-panda.jpg


進む所まで進むんだ。

どん底に叩きつけられてこそ、人は成長できるのではないだろうか。



『今を生きる』



幸せは、道なりに落ちている。

b8b75331.jpg

そんな秋が、私は好きだ。

P1010193.jpg


(ブログ中の写真はイメージです。たくさんの写真をネット上でお借りしました。ありがとうごさいます。)
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2009/10/14(水)   CATEGORY: 日記
ありがとう!! 『ありがとう! グラスホッパー』
11日に『ありがとう! グラスホッパー』が無事千秋楽を迎えた。
お客さんの反応が全く未知だったが、本番はさらにそれを超える反応だった。

怖いシーンでは子供達は泣き出し、絶叫し、楽しいシーンでは大声でリアクションをする子供達。
8時だよ、全員集合の「志村ー!後ろ後ろ!」に近い感じで、「まるー!」とか、「違うー!」とか、「後ろー!」とか。色んな声が、飛び交い、ラストは全員で主題歌を手話付きで歌ったり。
3歳から103歳まで楽しめる作品というものを、目の当たりにした今回であった。

のっぽさんパワー、恐るべし…。


舞台の写真をちょろっと。

舞台上にいる、スナフキン。
ではなくて、わたくしでありますが…。


CA390413.jpg




えー、わたくし何を見ているかというと…。



CA390411.jpg



なんか、もわもわっとした丸いの。
わたくし、これ「ぼんぼん」と言ってます。

猫なら、確実にじゃれる。

そしてそして。


CA390412001.jpg


一緒な角度で見ているのは、今回スタンドインで入ってくれていた大野朱美さん。
彼女はスタンドインと言いまして、本番で役者が何かの都合で出られなくなった時に、代役で出られるように、あらゆる役者の動き、ダンス、歌などを覚え、本番中も、出番がなくとも常にアップをして待っていてくれました。舞台上でアップをしている大野さんは、かなりの努力家である。今回、帰り道が同じという事で、仲良くさせてもらった。


CA390414001.jpg


本番後、役者さんと。右がホタルのサーチ役・岡崎佳子さん。左がチョウチョのポエム役・幸福美央さん。
ちなみにわたくしが着ているTシャツは、グラスホッパーSTAFF・Tシャツでありやす。
役者のみなさんと最後の最後に仲良くさせて頂く。

終わってから、キャストのみなさんから『ありがとうございます』メールが届き、「救世主」だの、「精神的に救われた」だの、「もっともっとお話したかった」だのと言われ、これが嘘でないことを祈りながら、安心した気持ちで家路についた。

こんな頼りない演出助手でも、みなさんの役にたてたのかな。
また次も頑張ろう。


打ち上げは始発まで。
キャストは皆帰り、最後はスタッフのみで飲んでいた。


来年はこの作品がツアーにでる。

1月の名古屋は、つんく♂THEATERで無理だが、3月の松山は行けるのかどうだか…。。。

とにもかくにも、お疲れ様でした。

CA390415.jpg
(バラシ中の舞台上)


ちなみに、

CA390408.jpg

稽古場に忘れられていた『できるかな』のペンケース。


すげえレアだ。
のっぽさんが超若い…。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/14(水)   CATEGORY: 日記
『スターはつらいよ』・あらすじ&配役発表!!
来年の舞台、つんく♂THEATER 第八弾 『スターはつらいよ』。あらすじ、配役の情報解禁となりました。

諸々、決まり次第随時発表していきますが。
毎回、つんく♂THEATERって、チラシを作らないらしく、文字情報のみの発表らしい。
舞台の根底を覆すやり方だ。お客さんは来ていただけるのだろうか。ファンの方々は、是非もんで来て頂きたい。猫☆魂ファンは、さらにさらに足を運んでもらいたい。もはや、ファンでなくても来て欲しい。とにもかくにも2010年は、この舞台から始めるってのもいいのではないでしょうか?


昨日は脚本のアラケンさんと、脚本打ち合わせ。
楽しくなりそうだ。
しかし、かなり複雑な脚本になりそうで、演出プランも色々膨らんでいく。
あー、早く稽古がしたい。

追加発表の情報です。


つんく♂THEATER 第八弾
『スターはつらいよ』

出演
THE ポッシボー/キャナァーリ倶楽部(あゆべえ・まっちゃん・みっきー・おがまな・おっきゃん・ちーちゃん)/えり~な/ピーチ/タイムマシーン3号 他
※出演者,開演時間に変更がある場合がございます。

原案・プロデュース つんく♂
脚本 アラケン
演出 西永貴文(猫☆魂)


【あらすじ】
新人アイドル・安達ルリコ(おっきゃん)は、歌番組初出演を控えテレビ局の楽屋で緊張していた。
そんなルリコ、ひょんなことからテレビ局のスタッフに間違えられてしまう。
このことがきっかけで勘違いが勘違いを呼び、テレビ局で起こるてんやわんやの様々な騒動に巻き込まれていく。
番組の裏方としてお手伝いをすることになったり、スピリチュアルカウンセラーの秘密を知ってしまったり、
仲の悪くなったお笑いコンビの喧嘩の仲裁に入ることになったり・・・。
『これも新人アイドルの修行の1つなんだわ!』と何の迷いもなく、続発する騒動に奮闘するルリコ。
そして、一方では先輩アイドル・結城彩香(まっちゃん)と知り合いアイドルの苦悩を知る。
その頃、ルリコのマネージャーは楽屋からいなくなってしまったルリコを探し始める。
しかし、ルリコとマネージャーはすれ違いの連続で中々出会うことができない。
テレビ初出演、本番スタートの時間は刻々と迫っている!
新人アイドル・安達ルリコは無事、番組の本番に間に合い、唄を歌うことができるのか!?

本当にありそうでなさそうでありそうな???新人アイドルの楽屋裏奮闘記!!


【登場人物】
○安達 ルリコ /おっきゃん[キャナァーリ倶楽部]
初のテレビ出演を控えた新人アイドル。バカ正直でちょっぴりドジ。

○結城 彩香 /まっちゃん[キャナァーリ倶楽部]
数年前にアイドルグループでデビューしプチブレイク。しかし現在はグループは解散。
最近ちょっと落ち目。

○園部 喜和子 /あゆべえ[キャナァーリ倶楽部]
霊視の能力を持つ、スピリチュアルカウンセラー。芸能界の重鎮。
スピリチュアルトーク番組の収録でテレビ局にきている。

○若手お笑いコンビ /みっきー[キャナァーリ倶楽部]・橋本愛奈[THE ポッシボー]
若手女性お笑いコンビ。仲が悪い。番組の前説でテレビ局にきている。

○先輩アイドル /後藤夕貴・諸塚香奈美[THE ポッシボー]
売れっ子先輩アイドル。ピュアさを売りにしているのだが、裏では実は・・・。
園部のスピリチュアルトーク番組のゲスト。

★その他出演者 *配役決定次第、情報を更新いたします。
秋山ゆりか・岡田ロビン翔子[THE ポッシボー] /おがまな・ちーちゃん[キャナァーリ倶楽部]
/えりーな/ピーチ/タイムマシーン3号 他

*配役は変更となる可能性があります。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ