FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2010/01/29(金)   CATEGORY: 日記
映画梯子。
先日、『板尾創路の脱獄王』と『アバター』をはしごして観てきた。


itao500.jpg



『板尾創路の脱獄王』には、知り合いの津田寛治さん、笠原紳司さんを始め、朽木正伸の姿も確認。
そういえば『MURAISM』の稽古場でくちっきーがこの台本を持ってたな。

脱獄王。こちらはめっちゃ笑った。
ネタばれしてしまうため、何も書けないが、ラストは感動と笑いが両立した素晴らしい世界であった。
タイトルの差込み方も絶品!!

板尾ワールド全開!!

色々突っ込み所満載であった。

初監督でこのクオリティの板尾創路に拍手である。



で、こっち。


20091221232209_01_400.jpg



『アバター』は超混んでおり、最前列で観るはめに…。
さらに3Dだわ、字幕だわで首がめちゃくちゃ痛かった…。

21時10分に観始めて、終わったのが24時を回っていた。

そんなにか!

しかし、内容はさすが!としか言いようがない。

とある日本の某アニメ作品を思わせるが、そんな事はどうでもいい。

あの世界感の酔いしれ、3Dにも酔った。

観る前に劇団員・井澤に
「あれ、観ると欝になるらしいですよ」
と脅されたが、まあ、そんなことにはならずにすんだ。

できるなら、もう一度、今度は3Dではないやつで、座席も後ろのほうで観たい。

ここ2~3日は『アバター』の事ばかり思い出してしまう。
それほどまでに、観たことない世界を見せ付けられ、脳内に強く刻み込まれたのだろう。


どちらもお勧めです。







スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ