アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/30(火)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~あ:憧れ』
猫☆魂メンバーで開始した猫☆魂辞典。
月2回(15日、30日に)更新されます。

毎回、各テーマに合わせて、劇団員が描きます。
メンバーのブログはリンクから行けます。


さて、第1回目のテーマは『憧れ』です。


私の憧れは、
デザイナーズマンションに住み、猫を飼い、ブラックコーヒーを飲み、たまにはカメラなんかを撮り、寝る前にはワインなんかを飲み、美味しい手料理があるような生活…。

あぁ、憧れる。

全て憧れている要素である。

・ブラックコーヒー

kohikuro1.jpg


ブラックコーヒーが飲めるという大人な感じに憧れる。
だめだ。砂糖とミルクを入れてしまう。これは訓練でなんとかなるのか…?

・ワイン

5_ctt1_ph4.jpg


寝る前に少しだけ。晩酌がビールじゃなくてワインというこの洒落た感じに憧れる。。
これも苦手だ。ワインは昔は飲めていたのに、今は味がダメになっている。無理すれば飲めるが、恐ろしく酔う。。慣れか?慣れっすか? てか、家で酒を飲まない。ここからか?ここから変えねばなのか?

・カメラ

pen-ep1.jpg


これはやれる。買えばいいのだ。近々一眼レフを買う予定だ。あぁ憧れだ。憧れに一歩近づける

・手料理

s-a01-28fe8.jpg


料理はあまりやらない。ただ、美味しいおつまみのレパートリーが作れるような人に憧れる。あぁレパートリー。レパートリーというものにも憧れる。豊富なレパートリー。てか、料理をすれば良いのか…。

・猫

20090807150315_00_400.jpg


飼いたい。そんな家に住めばいいのだ。猫と暮らす生活。あぁ憧れる。これは引っ越しが絡むな。

・デザイナーズマンション

ScreenHunter_0820Dec_20022001_16.jpg


住みたい。そんな家に住めばいいのだ。コンクリート打ちっぱなしみたいな。あぁ憧れる。これも引っ越しが絡む。


『憧れ』というのは、自分の持っていないものを欲しいと思う感情なのだろう。

そして、かなり贅沢な『欲』が固まっている。

私が挙げた6項目。全て兼ね備えた人が知り合いにいて、その人の生き方に憧れてしまう。
そんな人になりたいな、と思ったり。思わなかったり。

『憧れ』それは、あなたの持っていなくて、あなた以外の誰かが持っている、何気ないものなのだろう。

そしてそれを手に入れた時、以外にそれが大した事じゃないと思うのかもしれない。

『憧れ』はものとしてあれど、『感情』という掴みどころのないモワモワしたものなのではないか。

モワモワ。これだ。

モワモワをスッキリさせるのは、それは気持ち良いだろうな。

ただ、なかなかそんなにスッキリなんてしないものだ。

人間は欲深い生き物だろう。

ただその欲が、その人の人間らしさを形成しているのだ。


あぁ憧れる。

あの人の生き方に憧れる。

モワモワ。

モワモワしたものに憧れる。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/03/28(日)   CATEGORY: 日記
次回舞台は『7の椅子』!!
はい。4月末に舞台やるっ!!

情報公開が遅くなってしまったが……、

といっても、外部である。
あと、演出のみである。

なぜか今年は演出づいている。(あと2本演出のみの舞台が今後控えている…)


その劇団は猫☆魂と何かしら縁のある

『7の椅子』という劇団である。

20100325000508367.jpg


劇団員の福田君は、猫☆魂のvol.3『箱舟』から出てもらっている。
そんな昔からなじみのある劇団で、なぜか演出を…。

俺でいいのか! 7の椅子!!

いや、しかし楽しみである。

楽しみであるが、劇団の良さを損なわず、新しい色にも染め上げていきたい。


猫☆魂からは佐々木光弘が客演。

また、1月のつんく♂シアターや舞台『トライフル』でも共演したピーチも出たり。
かなり楽しみなメンツであります。

まあ、詳しい情報はまた追って。

ってか、チケット発売が明日から!!

さっそく明日から稽古行ってまいります。

GW、皆さん、中野に遊びにきてください!!

以下、7の椅子HPより。



◆7の椅子 6 
☆公演情報☆
今回は新たなチャレンジ!!!
演出に「猫☆魂」の西永氏を迎え、今までとひと味違う”7の椅子”を皆様にお届けしようと思います。
どうぞお楽しみに☆

その他の情報はまもなくUPします!
あと少しお待ちくださいませ。。。

◆作 徳永勝仁

◆演出 西永貴文(猫☆魂) 

◆出演 福田英和 笹倉和樹 井口千穂 山口なな 
   /ピーチ(NICE GIRL プロジェクト!) 川本裕之 佐々木光弘 農塚誓志 儒河 

◆上演期間 2010/4/28(水)~5/2(日)

◆タイムスケジュール
4/28(水)= 19:30
4/29(木)= 19:30
4/30(金)= 14:00 / 19:30
5/ 1(土)= 14:00 / 19:30
5/ 2(日)= 14:00

◆場所 中野 劇場MOMO
〒164-0001東京都中野区中野3-22-8

◆チケット発売 2010年3月29日(月)予定
 コリッチチケットよりご予約可能です。
 チケット発売前日よりリンクをお伝え致します。

20100325000014548.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/03/26(金)   CATEGORY: 日記
twitterとか脚本についてのもろ諸々。

写真は何の関係もない、ビレバンに置いてあったプンプンのぬいぐるみ。
思わず買いそうになったが、踏みとどまる。
買ってどうするよと頭によぎる。
抱き枕に…、番犬に…、鍋つかみに…。
だめだ。それ用じゃない!!
飾るしかないからだめだ。
なので写真だけ。


あ、最近twitterやってます。
『@nishinager』
お気軽にフォロー宜しくです。

ここで発表した所で、どうもしないが、こちらでは一人ボソボソ呟いている。依存はまだないかな。

近々、『猫☆魂』でも始める予定だ。
どう絡めるかな。
猫☆魂では今の所、私と佐々木士のみ。

繋がるか? 広がるか?


最近は毎日ファミレスで猫☆魂の脚本作業。
アホかというぐらい、毎日同じファミレス、同じ時間、同じ席にいる。
先日書き上げた作品をリセットし、1から書き直している。
1日数ページづつだが…。こちとら何かが振り切れた
!
毎日寝ない日々が続くが苦にならない。
今はこの本があれば、ご飯もいらない。お酒もいらない。会話もいらない。
それぐらいこいつが愛おしい。
こいつの事しか頭にない。いつもこいつの事を思う。もう恋人だ。両思いは可能なのか?

近年稀に見る、珍しいモチベーションだ。
しかもこのペース、1ヶ月に2本ペース。

が、腰がかーなり悲鳴を上げている。
胸も最近おかしい。肺の真ん中あたりがつまる感じ。いつも朝起きて無理くりグリって胸を開いている。

ただ筆がノッテいる事だけは確か。

最近は人に会わない分、時間の有効な使い方をしている気がするのだ。



[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2010/03/16(火)   CATEGORY: 日記
ドラマ。

「かなしみよ寝返りうって」

東京事変『スポーツ』の『絶対絶命』より。


辛い辛い世の中だとしても、なるべく顔を上げる人である。


100メートルを9秒で走る者もいれば、30秒で歩く者もいる。1分かけて這いつくばってもゴールはできる。


人は一歩づつしか歩けはしない。
近道してもしょうがない。


春はもうすぐそこまで来ているのだ。
風が冷たくても、太陽が雲に隠れても。
季節は巡り、時は過ぎる。


思えば年をとったもんだ。


かなしみよ、寝返り打って・・
かなしみよ、向こうへ行って
かなしみよ、押し黙って
わたしを縛り付けないで
晴れ渡る空は遠く塗り潰されて行く
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/03/02(火)   CATEGORY: 日記
時間って幾らですか?
わー。なんともう3月も2日。早い早いよ。
時間というやつは待ってくれないのね。

ブログも久々の更新になっちゃったよ。


最近はもっぱら台本台本。
猫☆魂次回公演の本である。

悩む。悩みながらも書きたいものをこれでもかとディスプレイに殴り書き、無心でキーボードを叩き続ける。
登場人物の気持ちになれば、こうなるわな。俺がこいつだったらこの状況でこうなるわな。を繰り返してます。
なんにせよ、自分が一番見たい戯曲。それを目指してあと少し。
すーぐ『twitter』とかやっちゃうからいかんいかん……。


そういえば、誕生日プレゼントにムランティン・タランティーノに手帳を頂いた。

CA7E7M52.gif
あのゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイも使ったと言う『MOLESKINE』である。

しかも、ムラ氏は、年間スケジュールを立てよとおっしゃる。
よっしゃーと、さっそく書いたさ。年間スケジュール。
今年は短い。というか一年は短い。


昔ドラえもんで『タイムライト』という道具を使い、時間の流れが目に見える回(34巻)というのがあって、物凄く衝撃を受けた記憶がある。

このライトで照らすと、時の流れを実際に目で見て、体で感じる事ができる。時の流れは「ゴォ」という音と共に、飛ばされる位の勢いが体中に押し寄せる。

それを使い、ドラえもんがのび太に言ったセリフ。

「君が昼寝してる間も、時間は流れ続けている。1秒も待ってはくれない。そして流れ去った時間は二度とは帰ってこないんだ!! 仮に1日3時間時間を無駄にしたとして、月に90時間、年に1080時間、10年なら1万時間以上。こうして無駄に流れていったんだよ!」

は名ゼリフ。

今でも鮮明にこのコマを覚えている。

20091223_813912.jpg

よっぽど子供心に突き刺さったのだろう。

最近、物凄く、このコマが頭に出てくる。


そういえば最近読んだ石川優吾の『スプライト』という漫画でも、時間が物凄く恐ろしいものとして描かれていた。
90bf5_261_news_thumb_Sprite-m.jpg

黒くてふわふわした丸い何かで。それに飲み込まれると……。
物凄く面白く、興味をそそられる設定だ。



若干、楳図かずおの『漂流教室』を思わせるが、これからの展開が待ち遠しい。

3fba3631.jpg



まあ、話はそれたが、昨日は漫画喫茶で12時間以上過ごした。
9時間パックと、6時間パックのはしご。

お金で『時間』を買った気がした。

これが、Time is money! なのかな。

さあ、今日も一心不乱に書き出そう
[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。