FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2010/11/30(火)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~ち:地球』
その星は『ちきゅう』と呼ばれているようだ。
まだ出来て間もないその星は、おおよそ青い。その色合いは見たこともない、何にも例えようもない青さだ。私たちの血の色に似てはいるが、また違う鮮やかさを放つ。
仲間が上空から見てきた話によると、その星では生命が生存し、文化も発展しているという。人間、あるいは人、と呼ばれる二足歩行の生き物達がその地球を支配している。正確には支配していると思い込んでいる。本当に支配しているのは、目に見えない光なのだが、一部の人間達にしかそれは理解されていない。
星の青い部分は海と言い、その中に浮かびあがる茶色いシミのような部分を陸と言う。ひとまずその陸の三日月型をした場所に降り立ってみるとする……。



ある夜、路上での生活も幾分慣れてきたなとしみじみ思ってワンカップを浴びるようにかっ食らっていると、空から光が降ってきた。光に包まれた円盤と言った方が正しいか。年末ジャンボが当たるという夢からは先ほど覚めたはずたが、なんなのだろう。この公園にできた新しい遊具かアトラクションかと思ったが、何気に精巧にできている。ドラマか映画の撮影でもやっているのかとも思い周りを見渡した。だが人っこ一人周りにはいない。ドッキリか……? そんな事を考えながらキョロキョロしていると突然その中から何か出てきた。ドアが開くとか窓が開くという感じではなくスーッとすり抜けてくる。その『何か』はうっすら透明感のある丸い玉で、今でいうバランスボールぐらいのサイズだ。ただ、普通のバランスボールと違ったのは、透けて見えるだけでなく、ぼんやり目と口があり、私を見つめ、有り得ない事に話しかけてきた。
「ここがちきゅうですか?」
どないやねん……? 色んな思いが脳裏をよぎる。



三日月型の陸の、ちょっとした広場に降り立つと、こちらを凝視する人間とばったり出くわした。その人間は斬新な布を身にまとい、顔が所々黒い。戦いの後なのか、布は破れ破れ、頭から黒い糸が大量に垂らされている。右手に持つ透明の器には透明の液体が入っている。あれは何なのだろう。この島にある空気は無臭であると聞いていたが、なんとなく変な匂いがたち込める。この発酵したような匂いは目の前に立つこの人間から発せられているようだ。ちょうど良い、チャンネルを合わせこの星の言葉で話しかけてみるとしよう。
「ここはちきゅうですか?」
……。5秒待っても返事がなく、その人間の目の中の黒い部分が大きさを変えるのみであった。
「わたしはとおいばしょからきました。あなたはにんげんですか?」
そう聞いた瞬間、目の前の人間はこう口を開いた
「……やまだ……」
どういう意味だろう、やまだとは。瞬時に脳内のリストと照らし、調べ上げる。うん。山田とは、どうやらこの人間達の呼び名のようだ。他には田中、鈴木、伊集院、叶美香、等。なるほど。私を山田という者と勘違いしているのか。であれば、なるべく愛想を良くフレンドリーに近づいてみるか。握手やハグなども効果的、か。なるほど。こうして私は目の前の山田に近づいた。その途端、彼は手に持った透明の堅い器を投げつけてきた。その器の中の液体が私にかかる。その時私は痛みを感じた。フワフワと煙が上がり、シュワシュワと体が溶け出した。やばい。敵だ。瞬時に私は形態を真っ直ぐなるものに変形し、すぱっと山田を切り裂いた。すぱ。目の前には山田の上側と下側がならんだ。だが、私の体は、山田の液体により、不自由な感じになった。茶褐色に色づきだす体。元に戻らねば。だが、動きが、にぶ、り…、私、は、うごか、な、く、なっ、た……。




目の前のバランスボールについた口が動き出した。
「わたしはとおいばしょからきました。あなたはにんげんですか?」
うえぇ……。何なんだ?こいつは。話しだしたよ。「人間ですか?」と聞いたこいつが人間ではない。これはこの世の物ではない。そうに決まっている。ああ。ついにアルコールで脳みそが溶けだしたか? とにかく怖い。近づいてくる。どうする?
「……じゃまだ……」
聞こえただろうか。精一杯威圧的な感じで脅しをかける。一瞬、相手の動きが止まる。このままどこかへ行ってくれれば良いのだが。
が、その透明なバランスボールは、こちらに近づく。やられる。そう思った瞬間、持っているカップ酒を投げつけた。中の日本酒がそいつにかかった瞬間、シュワシュワと音を立てながら溶け出した。あわわわ。 なんだこれは!! と思った矢先、バランスボールは大きな中華包丁のような形に変形し、私を切った……。

気がつくと、私は半分で、目の前に下半身が横たわる。まだ意識がある。でも、血が出すぎだ。もうすぐ死ぬのかも。なんなんだ。こんな所で死ぬのかしらん? 多分もう時間がない。悔しい。路上での生活から這い上がりたかった。人生のリスタートをしたかった。とにもかくにも、あともう少し生きたかった。様々な後悔がこみ上げる。こんなにもやり残した事があった。こんなに生きる気力が残されていたのかと、自分でも驚く。私は下半身を押しのけ、手の力のみで自分の上半身を移動させバランスボールに近づく。バランスボールは中華包丁から丸い形に姿を戻してはいるが、もはや透明ではなく茶褐色に色を変えている。私は人差し指でそれに触れてみる。何が起きているのはわからないが、砂場に文字を書くようになぞると、触れた部分はへこみ、窪んだ状態を保ち続ける。
曇りガラスにメッセージを書くように、私はバランスボールに人差し指でメッセージを書いた。その言葉が今思う唯一の感情だった。ただ、もう血が流れすぎたのだろう、意識が薄れる。あぁ、この言葉が何気にダイイングメッセージじゃん。まぁいい。あぁへそから下が痛い。というか、へそから下が無い。血が出過ぎだろう。あぁ。あぁ。などと思いながら、私は全ての動きを止めた……。

































と、いう意味を込めて作りました!! どうぞご覧ください!!
意気揚々とその工芸作家が作品を発表した。

































RIMG0347_convert_20101130193442.jpg


































このオブジェにそんな意味が込められているとは、誰も知る由はない。

スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ