アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/01/30(日)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~な:名前』
名前とはなんぞや。

人の呼び方、呼ばれ方であり、その人は一生その名前で生きてゆく。

同姓同名がいるとしても、その名はその人にとって世界に一つだけのモノなのだ。

ただ、役者という職業は、たまに違う名前を背負わなければならない。
架空のキャラクターを演じなければならない。
その人物のバックボーン等も考えて……。


私は脚本を書くとき、登場人物の名前をまず考える。


例えば『simple』では以下の名前があった。


○轟・ジェームス・アンダーソン・Jr(トドロキ)
○イカヤマアタル
○板東圭介(バンドウケイスケ)
○六本木大(ロッポンギダイ)
○九頭竜太(クズリュウタ)
○九頭犬二(クズケンジ)
○柚月マリア(ユヅキ)
○東高志(ヒガシカタシ)
○首捥宏(クビモゲルヒロシ)
○坂本龍馬(サカモトリョウマ)

坂本龍馬は実在する人物であるため、おいといて。しかし渋い名前が多い……。

なぜこのような名前をつけたのか、『simple』を振り返りながら解説していこう。



トドロキは、寿司屋の名前を考えていたら『轟寿司』っていうのがまず浮かんで、そこから『オドロキ!! 轟寿司』という店名が決定したのだ。そこの大将はカナダ生まれのハーフで…っていう設定から、何故かこの名前になった気がする。ユヅキにプロポーズする時にフルネームを名乗る。父・アンダーソン、母・陽子の間に一人っ子として生まれる。小学校までカナダで過ごす……。中学でこの街に越してくるも、なじめず、高校中退、寿司の道へ……。


イカヤマは寿司屋の中年バイトで、魚の名前が入っている名前にしたいと思い、グダグダ考えていると、イカヤマって名前が浮かび上がり、寿司屋に持ってこいの名前じゃんって思ったんだけど、そのままじゃ普通なんで、下の名前をアタルにした。劇中であたっちゃダメだとバンドウに突っ込まれ、そこらへんおしいんですよねとトドロキに言われ、「たはっ」っと照れていた。鹿児島県出身だが、イカヤマって名前は地元でも彼の家だけらしい。ちなみに漢字だと『烏賊山』になるのかな。親父が漁師であるため、先祖がイカ釣り専門だったのでしょうか……。


板東は、地元のクラブ業界に有名な方がおりまして、みんなに「バンドウさん、バンドウさん」って呼ばれていた所から、私の中で兄貴分的な存在の名前かなと思って決めた。決して「エイジ」の方ではない。劇中で『バンドウケイスケ』改め『クビモゲルケイスケ』になりかけたが……。この中ではヒガシに続き、普通の名前だ。


六本木は実は湘南生まれという設定だったが、泣く泣く台本をカット。地方に住んでるのに「六本木」という『ザ・都会』みたいな名前で生きていかなきゃいけない、名前負けしているみたいな感じにしたくて決めた。六本木大って響きが好きだ。ちなみにカットしたため本番では下の名前を言うシーンがなかったが、冒頭の寿司屋で「湘南の六本木と言えば、湘南で知らない奴はいない」と自分で言う台詞があったのだが、イカヤマに「ここ湘南じゃないんで、誰も知らないですね」みたいな返しをされていたのだ……。ちなみに、もう少しでグビモゲルにキレられ、名前が『六本木』から一駅進めて『青山一丁目』にされる所だった。


九頭竜太は、ダメな人生を歩んでる人物ってところから、『クズ』という名前にしたくて。昔『ガッツ乱平』という漫画で乱平のライバルに九鬼という天才がいて。なんかその九鬼からインスピレーション受けたような。劇中では街で出会ったヒガシに「イタコさん」と呼ばれたあと、自己紹介をしている。


九頭犬二は、クズケンって呼びやすさからきた。犬らしさは一つもかもし出てなかったが……。九頭兄弟はなんか好き。兄貴に「ケンジ~、ケンジ~」って呼ばれて可愛がられてる感じとか、なんかいい。クビモゲルはこの兄弟を「クズ兄(にい)」「クズケン」と呼び分けていた。


柚月マリアは、モデルがいました。てか、マリアって名前の子、最近だと本当にいるから凄いよね。劇中で、トドロキに職場の名前を聞かれたのを勘違いして、名前を名乗る。ちなみに海鮮丼のワサビを大量に食べ、涙を流しながらむせている時に、トドロキは有線でT-BOLANの『マリア』を大音量でかけるのだが、その曲の歌いだしが「♪泣かないで僕のマリア~」であった。どのくらいの人が気付いてくれただろうか? トドロキはわかってて有線のヴォリュームを上げたのだ……。ただプロポーズのためにと選んだ曲がこれだったのだが、これ失恋の曲だから……。その辺、おしい男・トドロキでした。


東高志は、まあ、なんでしょう。自分がモデルなんでそうなったのですが。僕の正反対の名前にしたくて、西永の西の逆で東にしたり、貴文はちょっと残して高志に。劇中で死んだオカンの言葉を話すクズリュウタに「タカシ! そんなバイトやめたら?」と名前を言われてました。西さん演じるヒガシってのも、なんか名前に意味ありげで面白かった。ヒガシタカシって韻を踏んだようなゴロも好き。


首捥ねー。なんでこんな名前考えたんでしょ?クビモゲルて。首捥組ってなんか怖いけども。宏て…。下の名前ふっつう……。「クビモゲルフラッシュ」はすぐ思いついた。なんかこの人なら言いそうだし。



最後に、『坂本龍馬』の名前の由来は岸さんに聞いてください。
稽古場で話してました。岸さん、龍馬の由来。
たぶんバッチリ答えてくれると思います。


そんなこんなで、毎回毎回、多くの名前を考えては、舞台が終われば忘れ去られていくのだ。


ちなみに猫☆魂の舞台で『カンダ』という名前が何回か出てきている。
なんか好きなのだ「カンダ」と言う名前が。


ちなみに去年やった『秘蜜。』という舞台に出てきた役名は、中学・高校の同級生の名前であったり。
『悪い夢』のキャラクターの名前は、石川県の街の名前(ex.カナザワ、ワジマ、コマツ)だったり。
『狂る大学…』のキャラクターの名前は、1月~12月の呼び方(ムツキから「ムツ」、キサラギから「キサ」、シモツキから「シモジマ」)とかだったり。
その時その時で、名前の選び方は違う。


その中でも、
『耳-zikan-観』で、岸さん演じた「マシコマサル」という名前が、未だに忘れられず、気に入っている。
岸さんも凄く気に入って頂けたようで、ごく稀にマシコマサル話になったりする。


まあ、毎度毎度、名前を考えるのは嫌いではない。

そこからキャラクターが生まれてきたりするのだから。






スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2011/01/24(月)   CATEGORY: 日記
『simple』三日目、四日目、五日目終了!!

何故かスイッチに貼られた付箋紙に名前が書かれていた。

これが私?

いや、このスイッチは私のスイッチ?

このスイッチの担当が私って事?

よくわかりませんが、連日多くのお客様にご来場頂きありがとうございます!!

あと1日、がむばる!
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2011/01/21(金)   CATEGORY: 日記
『simple』初日・二日目終了!!

ゲネも無事に終え、若干トラブって開場がおしましたが、無事初日は幕を開ける事ができました。

1年半振りの本公演って実感はあまりなく、つい最近このメンバーでやっていたような感覚になる。

これからどんどん磨いて、千秋楽まで走り抜けます。

昨日、二日目も無事に終わり、本日が三日目4ステージ目です。

当日券もご用意していますので、是非とも八幡山ワーサルシアターに起こしくださいませ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/01/15(土)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典:と~トワミスト』
さてトワミストである。

PAP_0326.jpg



内容は確か、ファミコンの中の住人の話で、ゲームが始まる度に彼らがコスプレに着替え、画面に飛び出す。

そのうち、むやみやたらとゲームオーバーになっている事に気がつく。
誰かに操られている。どこかに操作している奴がいると。

現実世界に飛び出し、操作している男の子を、ゲーム本体内に引きずりこむ。

だが、彼も誰かに操られているという。
それは誰か?

これはお芝居なんじゃないかと彼らは気がつく。どこかにこの物語を書いた奴がいると。

彼らは客席に飛び出し、作・演出家を見つけ、舞台上に引きずり込むも、そいつもまた誰かに操られて書いたと言う。

生きている者すべて、目に見えない何かに操られて生きている。

そこから自由になるにはただ一つ。

導き出した答え、それは、

0になること。

彼らは自らの機能を停止していく…。

永遠に霧の中へ。

トワミスト。



みたいな話だったかな。
男ばっかり13人くらいが、全員、白いツナギを着て、メガネ。
誰が誰だか全く区別がつかなかったという思い出がある。


凄く実験的な公演で、今でも支持をしてくれるファンが多い。

ファミコンのゲーム、ツインビー、一揆、将棋、スパルタンX、パンチアウトの顔の部分を実際の役者の顔に加工して、プロジェクターで投射。

全員で死ぬな死ぬなと応援する。

客席から私が引きずり上げられ、芝居をする。
本公演に出たのはこれが最後だったな。

舞台をめちゃくちゃに破壊した。

秋枝の良い感じのセリフの時に、きっかけ間違いで照明がゆっくり消えていった。客席で声を押し殺して大爆笑した。

そんな秋枝が一揆というゲームに飛び込む時の衣裳。


060823_2111_01.jpg




またいつかやりたい作品ではある。

映像作品には絶対できないので…。


そんな思い出のある作品だったな。

[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2011/01/13(木)   CATEGORY: 日記
『simple』まで。
1年半ぶりの本公演まであと6日である。
早い!!

ついにここまで来た。

やるからには、持っている全ての力を出して行かなければならない。


そして先日、台本にメスを入れた。
今の台本が第五稿となった。
スマートとなる。


今回の舞台に込められたメッセージが、いかに伝わるか。
早く皆さんにお見せしたいのである。


毎日、寝る間もなくバタバタしている。
まぁ、楽しいといったら楽しい。

でも、追い込まれて、人は成長するのだろう。
駆け抜けようよ。


さ、今夜も深夜のファミレスへ。
行ってきやす!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/01/08(土)   CATEGORY: 日記
朝方の虚ろな思考、海に漂うクラゲであれ。

目に見えない力に動かされて、私たちは生きている。

なるようになる。

全てはそうなるようになっていたんだ。

逆らわず波にまかせて漂うクラゲを思う。

そう考えて、日々の生活を過ごしていると、心がいくらか楽になっていた。

慌てる必要はない。

前を向いて歩き続ければ、いつかはたどり着ける。

足の早い人は100mを10秒以内でゴールしたりもする。

足が遅くたって、例え100m進むのに何年かかったって、ゴールはゴールなのだ。

余計な鎧を脱ぎ捨てて、裸で立ち向かおう。

鎧は見栄えこそいいが、重たいだけだ。


自由に。


さ、睡眠を取って明日に備えよう。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/01/06(木)   CATEGORY: 日記
2つの稽古始め。
昨日より猫☆魂の稽古が再開されました。

まあ、濃いメンバーが再集結して、年末年始のブランクも感じさせずにビシーってやっております。

楽しいメンバー。

この稽古場の良さが舞台に上がると素晴らしいのだが。
まだまだ詰めていかなければならない。


今日は稽古場にメンバーの小島も遊びに来ました。
どう感じたかな?

さあ、残るところ13日。

稽古に力が入る。


そして、THE RUN&GUN HORROR SHOW『バッカスの宴』の稽古初日も迎えました。
顔合わせに参加。

スタッフ、キャスト一丸となってこちらも頑張っていこうと思う。

ランガンのメンバーはノリが合いそうだ。

日替わりゲストも豪華で。
大好きなあの方達と共演できるやも。

決定を楽しみに待ちたい。


さて、最近、資料として沢山の映画を見ている。

『THE ROCKY HORROR SHOW』
『ヴァン・ヘルシング』
『アダムスファミリー2』
『ファントム オブ ザ パラダイス』

まあ、どれもこれも素晴らしい作品。

資料として見たものの、今書いている本にそこまで反映される事無く、全く異なる物語になりそうだ。


さて、今年2月、3月の舞台と、6月にも舞台が決まった。
嬉しい限り。また近づいたら、情報をアップします。


とにもかくにも、まずは1月の猫☆魂『simple』であります!!
今年の初舞台。チケット発売中です!
お早めにお買い求めください!!

迷われている方も、是非劇場に足をお運びくださいませ。

[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2011/01/04(火)   CATEGORY: 日記
『吉祥寺の朝日奈くん』
f0195002_20353481.jpg

『吉祥寺の朝日奈くん』中田永一

を読了。

先日ブログでも書いた『百瀬、こっちを向いて』の作者・中田永一さんである。

いやー、マ・ジ・で、この本はやられました……。

5本のオムニバスであるが、タイトルにもなっている『吉祥寺の朝日奈くん』に物凄く感動した。

なんなんですか!この作家さんは!!

なんかもう、はっきり言えないんですが、この作家さんをこれからも絶対的に支持していきたい。

コミカルな文面。
緻密な伏線。
誰しもが経験するような儚い恋。
胸を締め付けられるような感情。

とにかく素晴らしい。

ああ、素晴らしい。

読み終えてすぐにブログを書いちゃってるこのテンション。
うわああ。凄い。

ってか、この人に会いたい。

会って色々話を聞きたい。


でも、この人、一切ビジュアルを公開していない。
年齢も性別も何もかも不明な作家なのだ。
所謂覆面作家的な感じだ。
そこがまた良い。

たぶん同年代だと勝手に思う。
出てくるモノ、場所、思考、センスが凄く合ってるのだ。

私は恋愛モノが書けないので、物凄く尊敬する。

あぁ、みんなが共感するかはわからないが、2011年、いきなり物凄い小説に出会ってしまった。

男性と女性でも、読み終えた印象が違うんだろうな。


ってか、早く新刊でないだろうか……。





つづきを表示
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2011/01/03(月)   CATEGORY: 日記
詣でる。

元旦に引き続き、2日も神社へ。
場所は、新宿の花園神社でありやした。

寒い中、行列が出来ていて、途中凍え死ぬかと思うほど寒かったのだ。
むしろ途中凍え死んだかもしれない。でも生き返ったのかもしれない。
なんだこのオチの無い文章…。


順番が回り、何お願いしようか考えた結果、全ての人が幸せになるように祈った。

なんかそんな風に思っちゃったんだな。
なんだろ。自分の事より、周りの人の事を考えてみたのだ。


その後おみくじを引いたら、出ました。

『小吉』

書いてある事は、凄く良い事で。

あぁ、良い1年になればなと思っとります。

その後、ファミレスで来年舞台のプロットをこねくり回す。
こねくり回し過ぎて、頭から煙がでる。もはやパンク寸前だった。
それはもう、複雑なプロットを考えておりやした。

はぁ、時間を有効に使いたい。
限られた時間の中で、やれるだけの事はやろう。


[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2011/01/02(日)   CATEGORY: 日記
明けました。

皆様、おめでとうございます!!

今年も宜しくお願いします。

写真はsimple忘年会にて、TRASHMASTERSのドン中津留さんとカゴシマジローさん。

さぁ、まもなく年明けの稽古が再開される。

皆様、新年1発目に、是非猫☆魂の舞台を観に来てください!!

さて、本番まであと17日。
カウントダウンが始まる。


さて、31日はおそば食べたり、1日はお餅食べたり。そんな年越し。

昨日は近所の神社に参拝行って、今年1年が良い1年になるように祈り、その後、やーきーにーくーを食べました。

でも台本執筆のため、アルコール1杯だけにしたり。

夜は漫画喫茶でバタバタと脚本書いていた。

正月らしさは来年までお預けだ。

さて、今夜もガンガン書きまくりやす。

今年は書いて書いて書きまくりの1年にしたい。

台本とか小説とか。

色々改革・チャレンジの年になればなと。

皆様の2011年が、良い1年になればなと思ったりしとります。

[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。