アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/09/30(金)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~や:やみつき』
1 病気にかかること。また、病気のかかりはじめ。

2 趣味や勝負事に熱中してやめられなくなること。


後者の方が、世に浸透している意味合いが強いと思うのだが、さて、やみつきである。

やみつきになるような趣味や勝負事はあまりないので難しいが、しいて言うなら『お菓子』だろうか。
もはや、趣味でもなんでもないが…。

なかでも柿の種はやみつきの部類に入る。
一人で6パックセットを買って食べたり。
やはり亀田製菓が良い。
わさび味もたまらない。やみつきになる。
あとは海苔ピーもね。やみつきだ。
もうピーナッツがあればなんでも良いのだ。
落花生なんて、あんなやつ、一晩中剥いていられる。
まったく俺をトリコにしやがって。憎いあん畜生。それぐらいやみつきなのだ。

甘栗もやみつきだな。その昔、うちの佐々木氏が甘栗むいちゃいましたを誕生日プレゼントでくれて、ガチでテンション上がったのを覚えている。

あとは、ラムネね。グッピーしかり、筒に入ってる系しかり、PEZしかり。ボリボリ食べてしまう。やみつきまくりだ。

やみつきになると怖いのは、気づくとそればかり食べてたりするのである。そんな時、自分の無自覚さに驚いたりするのだ。

そして、これを書きながら、柿ピーと、甘栗をそれぞれ一袋食べきっていた。
我ながら怖い。

ある意味病気だ。

だから、やみつきなんだな。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/09/15(木)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~も:モンスター』
怪物。化け物。の意。


誰しもが心の中に潜ませているもの。

世の中の人間、全て。

私もあなたもそうである。

でも、私ハソウデナイ、貴方ハソウデナイと言い張る。そんなのは嘘なのだ。

この世は表裏一体。
嘘は本当で、本当は嘘。

私はモンスターなのだ。

でも、そう言ってまわるとよけいにモンスターっぽさが薄れる気もする。

「俺昨日とか、超モンスターだったからさ…」

もう何を指してモンスターと言っているのかよくわからない。

絶対、悪羅悪羅系ファションを好んできてそうなヤツだ、こんな言い方するやつは…。

ともかく、軽々しく言ってはいけないのだ。

狼男がモンスターなのか、フランケンシュタインがモンスターなのか。

ビン・ラディンがモンスターなのか、ブッシュがモンスターなのか。

人を殺す事がモンスターなのか、家畜を食べる事がモンスターなのか。

私達の目に映る人間達は、その人間の外見をまとったモンスター。
中身はひどくグロテスクかもしれない。

心が酷く蝕んでいたり。

思うに、モンスターとは化け物だろうが、怪物だろうが、そう判断した段階で、判断した側がモンスターなのだ。

だれしも、怪物や化け物と恐れられたくはないのだ。

恐ろしいのはそれを恐ろしいと思ってしまう心の方なのだから。


中学時代、クラスの男子から、『モンスター』とあだ名を付けられ、からかわれていた女子がいた。
その子は、何も喋らず、いつも一人でいた。それでも毎日毎日必ず学校に来た。そして、誰とも話さず一日を過ごし、同級生でも彼女の声を聞いたことがあまりない。
クラスの男子のからかいは大きくなる。『菌』として扱われ、彼女を触る事を、誰しもが恐れ、◯◯菌として、その菌はタッチしてばら撒かれた。
男子達はその菌を、『バリア』という名の壁で防御したり。
彼女は、からかいの、対象となって、3年間を、過ごした。

いわゆる言葉の暴力。イジメである。

今になってはっきりとわかる。

そう呼んでからかっていた方が、完全なるモンスターだ。

恐ろしい。

彼女がモンスターのわけがないのだ。

私は彼女をモンスターなどと呼んだ事はなかったが、この出来事を傍観していた事がモンスターであった。

なんて事を、してたんだろう。と、今、心がギュッと締め付けられる。
懺悔の気分で苦しくなる。
誰もあの行為を阻止できなかったのだろうか。
今となってはどうしようもなく、やるせない。

卒業後、彼女は結婚し子供ができたと人伝いに聞いた。
幸せを手にしたのだ。
心からおめでとうと思った。

何を言いたいのかよくわからなくなったが、みんなモンスターなのだから、心の蝕みを癒す事が大事なのだと思うのだ。

モンスター達が、愛に気づいたら世界はどうなるだろう。

愛があるのならば、
モンスターはモンスターらしからぬ事となる。

四葉のクローバーを探したり、
虹を見て感激したり、
子猫を抱きかかえてみたり、
身代わりになって怪我してみたり。

ああ、そんなモンスター。儚く切ないモンスター。

世界はモンスターに溢れ、愛に溢れる。

心も体もモンスター。
明日からは、それを自覚した上で、世界を眺めよう。
きっと見える世界が変わるはずなのだ。

ラブ・モンスター。


わぁ。よくわからない着地点となってしまった。

モンスターハンターって、狩ってる君らがモンスターだからね!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。