アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/10/30(日)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~よ:夜』
夜の闇に目をやると、奥の方から顔を出す。
フサフサしたものや、カラフルなもの。見た目は花にも見えるのだが、目や口も見える気がする。時折見えるそれらは、私に安心感を与える。
目を閉じても、瞼の裏に焼き付いている。そのため、いつまでも忘れる事ができないのだ。
一人暮らしを始めて早10年。田舎から出て来ても、それらはいつ何時も見る事ができた。

それらが見え出したのは小学校3~4年の頃だろうか。朝から体調が悪く、授業を休んで保健室で寝ていた。その日は早退をし、家に着くやいなや布団に入り込んだ。
両親が帰ってきても気がつかないほど、深い眠りに入っていたようで、闇の中で目を開けると、今が何時なのか皆目検討もつかない。
夕方なのか、夜なのか、深夜なのか、明くる日の朝なのか…。
世界に置いてけぼりにされたかのようで、幾分か不安を覚える。
あたりは黒い闇に包まれていた。尿意を覚え、便所に行こうと、むくりと起き、感覚で歩き出す。電気をつけなくても、勝手知ったる我が家、なんとなくは分かるのだ。既に体調が悪かったことすら忘れるぐらい、回復していたようだ。

この時、全く気にも止めてなかったが、たしかにあれは存在していて、無意識ながら、「あぁ、花が咲いてるなぁ」と認識があったのだ。

中学、高校と進むに連れ、私の見ていたものは、誰にも見る事が出来ないと知らされた。
知るばかりか、私が妄想を話す者として認識されそうになったため、たちまち、そんなことはないと強く否定をうった。

そうしなければ、私がオカシナ人になってしまいそうな気がしたのだ。


20歳を超え、闇に咲く花のような物を捕まえようと試みたことがある。闇の中に、すぐ現れるそれ。私は手を伸ばす。たが、それには感触がない。実態がない。

なんなんであろうかと、深く思慮し、目と口が機能しているのか気になった。さっそく、私は闇を作り、話しかける。
「やぁ、調子はどうだい?」
するとその花のような物は
「パァァァァ…」
と音を上げた。

「ぱあ? なにや?」
何度聞いても
「ふゎぁパァァァァ」
と繰り返すだけだった。

ぱぁだの、ふゎぁぱぁだの、何かしらは発するのだが、意味がわからない。

その時から、そいつと話すのをやめた。


あれから15年。今、私は闇にいる。
体調不良で、布団に篭る。まるで、何年も繰り返している光景だが、具合が悪い。

気がつくと、闇に咲く花がある。

あぁ。

久しぶりに思い出した。思い出したが、今はそれどころではない。こちとら風邪で喉をやられてんだ。お前を相手になんかしてらんないんだよ。と心の声で呟くと、その花が何かコトバを発したように思えた。

え?

なんて、言ったのだろう。
今度は、よーく、そいつを見る。なんて言ったのだ?と心で呟く。すると、

「かゎるょ……」

と喋っているではないか。かわるよ? どういう意味だろう? 私は必死になってしがみつこうとしたが、フワッと闇に消えて行くのみだった。

電気をつける。
あたりを見回し、一息つく。

嫌な汗をかいている。
かわるよ、か。できるものなら、代わってもらいたい。

そう、思うやいなや、自分の思考回路がギュンッ!!と真上に飛び出したかと思うと、未知なる空間言うなれば四次元の世界へ、渦を巻きながら入っていった。

記憶はそこで終わりです。
あなたに聞かせられるのもここまでです。
そう、あの時、私は代わりたいと一瞬頭のなかで考えたのです。

だから、僕が何者なのか、何故、闇に咲いている花の様な形で、目と口があるかは、未だにわかりません。

ただ一つ言えるのは、あなたは、今自分自身に嫌気がさしている。だから、私のコトバが聞き取れるのだろう。
何も考えて無い時は、ぱぁだのしか聞こえなかったでしょ?今は違う。
そして、代わりたいと願うならば、

「代わるよ?」

さ。

ほら。

もう。

大丈夫。

夜が来たよ。

闇へようこそ。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/10/15(土)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~ゆ:遊園地』
さあ、遊園地のことを書こうではないか!

遊園地というのは、世界各国たくさんあるものだ。
老若男女? いや老人は楽しめないかもだが、実に様々な年代の人が楽しめる施設である。

私も昔は絶叫マシーンにどれだけ乗っても平気であったが、最近はめっきりダメである。

そういえば、去年、芝居のメンバーでディスニーシーに行った時メリーゴーランドに乗ったのだが、「怖い!」と思ったのだ。
あの、同じところをグルグル周りながら上下する感じ? 何それ。なんかやだ。

遊園地には様々なアトラクションがあるが、
ほら、バイキング的なやつ? 同じところを行ったりきたりする感じ? あれもやだ!
股間? 膀胱? がむずがゆくなるのだ。
さらに、このバイキング的なやつで、一回転するタイプとか、もうやばすぎて、やだ! い・や・だ!
逆さまになった所で、一瞬止まりかけたりすんのな、あれな。やだー!

コーヒーカップ? あれ、ぐるぐるぐるぐる回って、さらに回って。目的は何? コーヒーカップになんで載るの? あれは、なんだ? コーヒーになった気分を味わえるのかい? コーヒーの気分は味わいたくないよ!人間はさ。
小さい頃、あれに乗って、酔って、遊園地のベンチでずっと寝てた記憶が有る。
遊園地で乗り物酔いしてダウンするほど、テンション下がることはないのではないか?

あと、フリーフォールってやつ? 落ちるとかやだ! 怖い!

あと、お化け屋敷? やだ! お化けやだ!

もうどれもやなのだ。遊園地……。どうしたいんだ。

遊園地で楽しい乗り物。あ、ゴーカートとか? 楽しい気がする。

あと……、ディズニーランドの『イッツアスモールワールド』あれ楽しい。なんかカオスな感じがする。

先日行ったサンリオピューロランドにも、イッツアスモールワールド的な乗り物があった。
めちゃくちゃ楽しかったのだ。

そう。サンリオピューロランドのパレードは凄く良かったです。
行った事無い方、是非行ってみてください。
規模、内容がちょうど良いのだ。ピューロサイズでね。なんだ?ピューロって……。


まあ、そんな私が、先日よみうりランドでバンジージャンプをやってきた。
月刊猫☆魂の罰ゲームでね。
もうね、遊園地のアトラクション超えてるよね。バンジーってね。

本当に生きた心地がしなかった。そもそも高い所が大の苦手なの!

バンジージャンプ考えた人、頭がおかしいと思う。
どっかの国の成人の通過儀礼だったんだよね?

足を紐でくくりつけて、「スリー、ツー、ワン、バンジー!!」ってばか!!!
大人になれるか! それで。

あたくし本当に、ダメでした。
でも、あれが好きな人もいるんだよな。

小島裕なんかは、「スリー、ツー」ぐらいで飛び降りたとか。
バカなのかな? 彼は。恐怖感が麻痺してるんだと思う。

そんな遊園地。みなさんはどこがお好きですか?


乗り物には乗れないが、あの『ザ・遊び』みたいな空間は大好きなのだ。
こんど、猫☆魂メンバーで行って見るのもありだな。

みんなでジェットコースター乗ったり。うん。まあ、それはそれで楽しそう……。
とか書いたら月間猫☆魂で採用されそうだからやだ!


思うに、デートで遊園地ってあんまり向いてないと思うのですが、いかがでしょう?
気の会う仲間とわいわい行く方が楽しい気がするのでした。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/10/03(月)   CATEGORY: 日記
10月。
はやくも、2011年も10月にとつにゅう。

さて、最近は『リバースヒストリカ』の脚色をやりつつ、『バッカスの聖夜』の脚本を考える。
それと同時に猫☆魂次回公演の脚本も執筆。

時間配分を考えながらも、徐々に徐々に。

『リバースヒストリカ』という作品は、過去何回も上演されているのだが、私が脚色すろという事で、また新たな設定を考えている。
まぁ、脚色と言っても、設定が変わるので、新しく脚本を書くのに近い。
どの再演の作品にも負けない内容を目指す。
最近は毎日信長、秀吉、光秀など、歴史上の人物を思い描く。
どんな人達だったのだろうな。

『バッカスの聖夜』も新しい仕掛けを考えている。
観客を巻き込んで作る作品。
こちらもこれから色々考える。

一番長い期間転がしているのは、猫☆魂の次回公演の脚本である。
今一番心血を注でいる。
これが中々楽しんで書いている。
今までの猫☆魂には無いようで、猫☆魂らしさが炸裂している。
早く完成させたい。

そんな10月。

時間の大切さが、身に染みる。

そう考えながら、取り合えず、今日は寝るのだ。
おやすみなさい。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。