アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/11/30(水)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~り:理由』
理由について書くというのは、非常に難しい。なぜなら、結果が無いからだ。その結果に対しての理由を書くのなら、嘘でも本音でも幾らでも書ける。でも、結果がない。結果がないならまだしも、行動がない。行動がなければ、結果がない。理由もない。なんにもないのである。

でも、理由について書こう。

理由。

なんだろうか。何の理由なんだろうか。


私である理由。

これは中々難しくなる。私は生まれた時から私なのだ。哲学的だな。変えよう。


私が舞台をしている理由。

これなら良いだろう。
大学2年の初舞台の時。地元金沢での事だが、その時のカーテンコールで受けた拍手が、それはもう、心地よかったのだ。それから早10数年。今でもカーテンコールというものは格別である。
それと、自分の思いを表現できる手段である事。今、何を思うのか。物語を紡ぎ出す事が非常に楽しいのだ。苦しいのだが、楽しいのだ。そんな理由なのだろう。


私が猫☆魂を始めた理由。

これは、金沢で役者をやり出してから感じた事なのだが、地元に若い人達が見る演劇が無かったのだ。東京には、何百という劇団がひしめき合い、毎週どこかしらで舞台が行われている。金沢にはそれが無いのだ。無いなら自分でやるしかない、というのが猫☆魂を、作ろうと思った理由である。


私が猫好きな理由。

これはもう、なんだろう。犬に小さい頃襲われた事があり、犬がそれほど得意ではないのだ。その点、猫は襲わない。そういう理由なのかな。


私がネギ、タマネギが嫌いな理由。

これは小さい時の記憶なのだが、保育園、小学校の給食時。食べ終わるまで、昼休み中居残りをさせられていた。あの恥ずかしさやら屈辱。無理矢理食べる…というより飲み込む感じ。吐き気をもよおしながら、玉ねぎを、食べる。これが今でも体が、拒否反応を示している理由だ。


理由を書く理由。

これはネコ騙し辞典を書くからではあるが、ネコ騙し辞典をやり始めた理由というのは、今も変わらずだが劇団員のブログの更新度が著しく悪かったのだ。月に2回は更新をしてほしいなと思っていたのもある。それだけではないが、やはりメンバーの思っている事を文章で読むのはとても面白いのだ。そのためのネコ騙し辞典であり、これが理由を書く理由である。


理由とは、何かしらの行動には必ずあるものである。

私が私である理由も、きっとあるはずなのだが、今はまだ見当たらない。みつからない。


あなたがあなたである理由。

見つける事ができますでしょうか?


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/11/28(月)   CATEGORY: 日記
『リバースヒストリカ』終幕!!そして、『バッカスの聖夜』
昨日、ACファクトリープロデュース『リバースヒストリカ』全日程無事に終了しました。
観劇してくださった皆様、ありがとうございました!!

今回、脚色というポジションで参加したのですが、設定を全て変えたので、台本を1から書き直しました。
まあ、これが大変で……。
ちなみに、最初に頂いたリバヒスの過去の台本は2パターンあって。
1つは大学生の映画サークル、もう一つは大学生の歴史研究会という設定。
ACファクトリーさんは結成15年以上。富田さんや石倉さんが大学生役をやるのには、あまりにも無理がある!という事で、今回は『役場』の人々という設定にしたのです。
「『戦国時代フェスティバル』というお祭りの実行委員会として、役場の人々が村の由緒ある神社に集まった」というスタートで、今までのリバヒスとは全く違う物語の始まりにしました。
ただ、中身は全く一緒なんですけどね。

やっぱり、原作の面白さはそのまま残し、ACさんの良さを加えていくという作業になっていきました。

途中、風邪と扁桃炎で執筆を中断し、非常にご迷惑をおかけしたのですが、なんとか、書き上げました。
もう、喉から血を吐きながら書いたのです。

そんな今回のリバヒスでした。

あと、公演も終わったので、エピソードをいくつか。

いやしかし、殺陣は圧巻でした。
ちなみに殺陣師のおぐらさんはJAE(旧JAC)の方で、なんと戦国無双の前田慶次のモーションキャプチャーもやられていたとか。
あのラストの信長と秀吉の殺陣は毎回見てて、ドキドキしてたのはおぐらイズムが入っていたからなのかな。
戦国無双やりたくなった人も多いのでは?


ラストで、信長役の冨田さんが、一番高い場所から転び堕ちるシーン。池田屋の階段落ちを彷彿させる、今回の芝居の殺陣シーン一番の見せ場ではなかったでしょうか?
「あれ絶対、体痛いでしょう?」と聞くと、「痛くない」とのこと。どうやら、床に衝撃を和らげるクッションのような物が仕込まれているんだとか。
いやいや、でも痛いでしょ!
ホント、鉄人です冨田さん。
プロだからできる技ですね。良い子のみんなはマネしないでくださいね!
ってか、そんな転げ堕ちるマネは誰もしない。ね。


今回は、今までの原作にはない『眉間村』という架空の村を作ったのですが、そこから、この村の公式キャラクターが『眉間村の皺子ちゃん』というゆるキャラ。また、この村の神社には『皺神様』が奉られている。といった設定にしたのです。

そして……。事件は本番初日。
朝、目が覚めると、私の眉間から血が流れていたのである。
寝ている間に引っ掻いてしまったのかもしれないが、覚えていない。
そして、本番2日目、また眉間から流血……。
さすがに、眉間村の皺神様の存在を信じてしまいそうになりました。
といっても、私が作り上げたのですが……。
ま、たまたまかな!(強がり)
本番中、キャストに怪我がなかったのは、私に悪い何かが飛んできたのだろう。
ま、それも、今日から治るんじゃないかな! うん。


あ、あと、これも原作の脚本家さんとお話して面白かったのが、
初演の登場人物の名前が

『稲尾、江夏、金田、落合、川上、津田、沢村、星野、八重樫』等。

そう、元プロ野球選手の名前なんです。

そして、再演では

『浜崎、幸田、松浦、中島、大塚』など、

そう、女性アーティストなんですね。

これに気づいた時、ほくそ笑みました。
ただ、再演には、初演の『川上、津田』もそのまま出てたから、なかなか気づきにくかったんですが……。

そして、今回、私は

『潮崎、小橋、秋山、杉浦、金丸、平柳、森嶋、丸藤、小川、井上』

にしました。

そう、わかる人だけわかっていただければ、それでいいのですが。
うちの兄も所属している『ノア』なんです。
女性でこれに気づいた方、趣味が合います。あ、プロレス団体です、『NOAH』ってのは。
ちなみに、今のノアの相関図と、今回の登場人物の相関図がぴったりなんだなー、これが!
主役の潮崎は、今のノアのチャンピオン。
小橋と秋山、丸藤の壮絶な戦いが、光秀と信長、秀吉とリンク。
神主の役名が森嶋なんですが、本家の森嶋は先日グローバルリーグで優勝しました。なんだかんだで最後を持っていく的な。
杉浦が猪武者の柴田勝家になる所とか、無骨な所がぴったり。
また平柳! ここのポジションが舞台でもオイシかったのですが、ノアでもオイシいのです!
そして魚を買ってきた小川が、最後にちょろっと出てきて物語を丸め込むところなんて、本家のスモールパッケージホールド(プロレス技の名前)を彷彿させます!
ああ、この熱はあまり伝わらないと思います(笑)
知り合いにプロレスファンがいたら一度聞いてみてください。

「小橋と秋山と丸藤、誰が一番強い?」って。

ちなみに顔合わせの本読みの時には、スタッフで4~5人気づいてました。
あと、初日に見に来ていただいた川本成さんが、開口一番「このキャスト名!」とテンション高く突っ込んでくれました。
嬉しかったな。


まあ、そんなリバヒス。

ひょんな事から頂いたお仕事でしたが、連日たくさんのお客さんに支えられて、無事終わる事ができました。

演出の冨田さん、ACファクトリーのメンバーの皆さん、客演の皆さん、スタッフの皆さん! そしてお客様!
本当にありがとうございました!!


次の舞台は、12月14日~25日俳優座劇場にて

THE RUN&GUN Natale SHOW『バッカスの聖夜』

です。
皆様、お楽しみに!!



THE RUN&GUN Natale SHOW
『バッカスの聖夜』


2011年2月新宿。
中学生演劇部・チーム「バッカス」が、魅惑の世界へと人々を誘った。
連日大入り満員、当日券もすべて完売、劇場内が歓喜と興奮と熱気で埋め尽くされた!
そんな伝説のステージ、「THE RUN&GUN HORROR SHOW『バッカスの宴』」、
第2弾の上演決定です!!!!!!

RUN&GUN扮する「バッカス」が紡ぎだす、笑い、涙、感動、そしてエロス―。
1度味わったらクセになる?!

さぁ、今年のクリスマスは六本木へ!
バッカスがパーティー会場であなたをお待ちしています!

・・・お楽しみの「アレ」も見られるはず★

公演期間:2011年12月14日(水)~25日(日)
劇場名:俳優座劇場

演出:茅野イサム
脚本・構成:西永貴文(猫☆魂)
出演:RUN&GUN(上山竜司 米原幸佑 永田 彬 宮下雄也) /日替わりゲスト

★ 部長総選挙開催決定!★

演劇部では、毎年クリスマス公演で次期部長を決めている。
そして、今年もその季節がやってきた。

ということで、『バッカスの聖夜』で部長総選挙を行います!
ご来場いただいた皆様からの投票で、来年の部長が決まります。
投票期間は 12月14日(水)から24日(土)、俳優座劇場 にて。
25日に開票を行い、発表します!

★ 日替わりゲスト発表!!★

闇の演劇部、チーム「バッカス」の恒例行事、
クリスマス公演にて行われる部長総選挙に特別ゲストが立候補!?

★-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-★

14日(水) 19時 鎌苅健太
15日(木) 19時 青柳塁斗
16日(金) 19時 福徳秀介(ジャルジャル)
17日(土) 14時 鷲尾昇(*pnish*)
     18時 津田健次郎
18日(日) 14時 もう中学生
19日(月) 19時 COWCOW
20日(火) 19時 楽しんご
21日(水) 19時 黒沢かずこ(森三中)
22日(木) 19時 少年ハリウッド(柊剛人、早水海馬、風原乱、広澤大地、伊達竜之介)
23日(金) 14時 小野田龍之介
     18時 中河内雅貴
24日(土) 14時 内藤大希
     18時 ハローバイバイ関
25日(日) 14時 ゲストなし(開票及び次期部長発表のため)

※日替わりゲストは急遽変更する可能性がございます。

★-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-★

見事、次期部長の座を掴み取るのはいったい誰か?
今年のクリスマス公演も大波乱の予感・・・!?
とにかく一度、体験しに来てください!
そして、皆様の手で部長を決めてください!!

企画・製作よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ネルケプランニング


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/11/15(火)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~ら:ラッキー』
ラッキー。

電車で席が空いたり。

1杯無料になったり。

クジに当たったり。

朝日が拝めたり。

虹が見れたり。

野良猫に会えたり。

片思いの人と話せたり。

日常に潜む、小さな奇跡。

そんな嬉しい気持ちになれるのは、人間だけ。

せっかく人間に生まれたんだから、小さな奇跡を体験しなきゃ損。

あなたに出会えてラッキー。

ね。

なんて運がいいんだろ。

小さい奇跡は、特大の感動を得られるようになってる。


[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。