アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/30(金)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~れ:レストラン』
私は仕事がら、レストランをよく使う。ファミリーのレストランを。
ファミリーレストランと呼ばれている事から、初めこそ一人で利用する事に抵抗があったが、今となっては何て事もなく入ることが出来る。
一人カラオケや、一人焼肉は未だに抵抗がある。これらはいつかやってみたいと虎視眈々と狙っている。

さて、レストランである。
私の家の近所には、幾つか揃っている。中でもよく利用する、とある店舗の話しでもしようかしら。

脚本を書きに毎日のようにその店に通う事があった。
店に入ると、いつもの
「お客様、1名様でしょうか? おタバコは吸われますか?」
という決まり文句はもはや私にはない。
入って、店員と目が合うと、私はある席を指差す。
店員がどうぞと黙認する。これが、お互いの暗黙の了解である。
深夜になると、客が私一人という状況もザラではない。
以前にも書いたが、私が何を注文するかで、店員同士が競い合うといったゲームがなされている時もあった。
ある時、ちょっといつもと違うメニューを注文すると、店員が半笑い、その店員がオーダーを厨房に届けに行くと、厨房から歓声があがる。
よくわからない。何があったのだろう。
毎日のように通うと、そりゃメニューに飽きてくるものである。それをそんなに驚かれても…、ね。

レストラン。それは私が脚本に没頭できる、唯一の場所。
そこから、幾つもの物語が生まれてきた。

普段は音楽を聞きながら脚本を書いているので、常にイヤホンをしているが、たまに外して書いていると何気ない周りの客の会話も耳に入る。
それもまた愛嬌。そこからセリフが生まれたこともあったのだ。

私にとってレストランとは、職場であり、プライベートな空間でもある。
もはや生活の一部で、私には欠かせない場所であるのだ。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2011/12/15(木)   CATEGORY: 日記
『ネコ騙し辞典~る:ルール』
ルール。

規則があり、それを破ると何かしらの罰則が与えられるという。規則正しい、不規則。

そういう厳しい事象も世の中には多々ある。只、多々。
人間として、これはやってはいけないという最低限のルール。ノレーノレ
殺人、薬、詐欺、犯罪は人としてのルール・法律が基準となっている。そうだろう。そう。

では、我々はそんな目に見えないルールに縛られて苦しいのか? 否、それにより、我々の安全が保たれているのだ。
ルール。いかにも重厚な、誰も倒せない最強の黒幕・ラスボスのような存在。
必ず、最後に待ち構えているもの。こいつには敵わないもの。つわもの。こわい。

だが、それでも、そのルールをやぶる者はいる。
故意なのか、故意でないのか、そこが問題の一つではあるが。

ふと、
全くの野放しでルール無くごすのが、自由で良いと思う時もあるが、何かしらへ影響を与えているものである。
珊瑚を破壊したり、絶滅の危機に瀕した動物を捕獲したり。
世界は、ぎくしゃくしているのだ。

ただ、廻っている地球。リズムに乗る。世界のしくみ。
朝起きて、洗面所。顔を洗い、歯を磨く。鏡に映る僕の顔。
髪をセットし、髭をそり、服を着替え、外に出る。晴れた空。青信号。自転車に抜かれ、通学生とすれ違う。
電車に乗り、揺られ揺られ目的地に着く。
朝食、食べ終え、仕事。働く。労働。
休憩。お昼を食べ、一服。缶コーヒー。エメラルドマウンテン&マルボロライトメンソール。
また仕事。働く。労働。心地よい疲労。
やり終え、電車に揺られ揺られ、帰り道、夕食。家路につく。ピュルルル。
部屋。ぼんやりと明るい中、風呂に入る。出て、ドライヤー。Hi。
事務作業。ボチボチ、眠くもなる。横になる。目覚ましをセット。寝る。
おやすみ。暗い闇の中、こんにちは。夢。さよなら昨日。はじめまして今日。

今日は一日。これもルール。平等なルール。

どんな人物もこれは同じ。
楽しい? 世界は廻っている。これもルール。平等なルール。

バランス。世界のバランス。
それを保ちながら過ごしていく。

誰もルールなんて気にしてない。気にしないもんなんだ。

笑う。

それだけでいい。それがいい。そうあっていたい。

世界が。

1周するまでのルールの中で。

僕らは、恋をする。
故意なのか、故意でないのか、そこが問題の一つではあるが。


もう止められない。止まらない。


ある日、目を覚ます。
目に見えない、私たちのルールが動き出す。


携帯電話を眺める。迷惑メールにうんざり。

ルール。

確実に僕たちをラッピング。だこらそう。こんな感じで終わるのだ。

ルール。

これに何の意味があるのか。

でも、僕たちは息を吸って、吐く。願い叶う時まで。

吸って吐く。叶うまで。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。