FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2008/03/27(木)   CATEGORY: 日記
舞台『アンラッキー・デイズ』 シアターテレビジョンにて放映決定!!
昨年8月に上演した『アンラッキー・デイズ』

シアターテレビジョンにて放送が決定していました。

初シアテレです。

同時期にアーノルドの『ミートボール』やナイロン100℃『わが闇』なども放送してます。


なんか、本人全く知らない感じでしたが、調べたら出てきたので、載せようかと。

以下、シアターテレビジョンに載っていた情報であります。



"視覚と聴覚を刺激する“映画のような感覚で見る演劇”


tue_2.jpg


西永貴文(猫☆魂)×堤幸彦(演出家・映画監督)『アンラッキー・デイズ』

2007年9月青山円形劇場/
作・演出:西永貴文(猫☆魂)/
出演:小松彩夏、長田奈麻、上山竜司、加治将樹、宮野真守、大石里沙、佐々木光弘、井澤崇行、秋枝直樹、村木宏太郎、堺沢隆史、落合孝裕、松本恵理、岡崎保憲、大熊啓誉、モロ師岡

2004年に劇団「猫☆魂」の第4回公演として上演され、その時観劇に来ていたのが、『TRICK』など映画やドラマの監督として活躍し、実は芝居好きでもある堤幸彦。彼の評価を得て、フジテレビの深夜ドラマ『劇団演技者。』の第1作目にもなった『アンラッキー・デイズ ~ナツメの妄想~』を、堤を映像制作に迎え、新たに加筆して再演した舞台。出会い系サイトでサクラのバイトをする主人公ミキは、ある日手にした1枚の千円札によって、めくるめく人生を歩み出すことに。複数のストーリーが同時進行し交錯する、スピード感溢れる展開が持ち味の西永の戯曲と、堤が生み出す独自の映像世界との絶妙なコラボレーションが最大の見どころ。グラビアやテレビドラマで活躍する小松彩夏、ベテランのモロ師岡、「ナイロン100℃」の長田奈麻、お笑いコンビ「シャカ」の大熊啓誉など、多彩なキャストも魅力の舞台だ!

「猫☆魂」
1999年、主宰の西永貴文が“映画を見る感覚で”観客を楽しませるエンターテイメントをテーマに金沢にて旗揚げ。その後、西永の上京に合わせて2002年10月に新メンバーで再結成された。アップテンポな台詞まわしと生バンドによるBGM、クラブのヴィジュアル・ジョッキーを思わせるCG映像などを用いて、エンターテイメント性溢れる芝居作りを展開している。第4回公演『アンラッキー・デイズ~ナツメの妄想~』がフジテレビ『劇団演技者。』でドラマ化され、西永が脚本執筆陣に加わったテレビドラマ『下北サンデーズ』(2006年/テレビ朝日)に西永ほか劇団員が「劇団犬☆魂」として出演するなど、活動は多彩。


04月01日 11:10  23:40 
04月06日 26:00 
04月08日 08:10  21:00 
04月12日 14:10 
04月15日 18:40 
04月16日 04:40 
04月22日 07:00  16:30 
04月26日 13:40 
04月29日 14:10 

です。

観た方も、見逃した方も、今一度、舞台『アンラッキー・デイズ』を、テレビで見てみてくださいな☆

てか、俺まだ観てない…。。。

DVDももうすぐみたいです☆
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ