FC2ブログ
アンラッキー・デイズ
『アンラッキーな日々はラッキーな日を創る大きな前ふりである』(J.B.キング)
DATE: 2010/09/06(月)   CATEGORY: 日記
夏の終わりと帰省編・その1
8月15日に『秘蜜。』という舞台が終わり、放心状態で数日過ごしていたのだが、ある日『そうだ、金沢に行こう』と思い立ち、旅行カバン片手に電車に飛び乗った。

まだまだ猛暑が続く東京を抜けだしたかったのだ。

東京に戻ってから怒涛の執筆ラッシュであったため、帰省日記を書くのがこんなにも遅くなってしまった。
地元の友人から「ブログはまだか」と催促があり、台本も一段落したので、ようやく書こうと思う!
しかも長いので何回かにわけようかと。


2008年1月以来、約2年半振りの金沢。
上京にて10年になるが、夏に帰省したのは初めてであった。

夕方に東京駅を出て、金沢着が22時くらい。
駅までおかんに迎えに来てもらい、数年ぶりの再会。

しかし、この車中で衝撃の事実が発覚した。

実家はホームステイをしているので、帰省の度に誰かしら留学生の子が家にはいる。
ちょうどこの時期金沢では『JAPAN TENT』なるイベントが開催されており、日本全国の留学生が金沢に集結しているのだ。
つまり色々省略して言うと、今日から数日、実家に5人の留学生が泊まっている、という事だった。

5人の外国人と、私。

ほう。

つまり、当時の自分の部屋も留学生が使用していて、そこで寝られない状態。

まあ、「急に帰る」と言い、確認もしなかった自分が悪いのだが……、結果、唯一空いていた『生け花の部屋』という場所に数日間寝る事となった。


実家につくと、父親はもう寝ており、留学生5人が出迎えてくれた。
ブラジル人2人、ドイツ人、エチオピア人、モーリタニア人。。。


ワールドワイドか!!


まあ、着いて早々、全員と挨拶を交わす。
彼らは既にかなり酒が入って楽しそうであった。
数年ぶりの帰省の感動に浸る時間も無く、また、酔った外国人のテンションにも若干ひき気味であったが、「散歩がしたい」と言われ、ドイツ人以外の4人の留学生と夜の片町へと繰り出す。

片町というのは金沢で言う所の1番の飲み屋街である。

まだ金沢について1時間も経っていない状態での片町デビュー。
しかも、いきなり彼らを乗せての車の運転。。。
飲めないの決定だ。

運転も久しぶりすぎて焦る。焦るしウケる。
なんで金沢で外国人4人乗せて運転してるんだろ……?

片町は若干印象が変わっていた。
人が少なく感じたのは、東京に慣れたからだろうか。
夜の片町は東京ほど暑くは感じなかった。

当時行きつけだった『POLE POLE』と言うバーへ。
http://www.legian-dta.com/index.html
この店はインドネシア料理店『レギャン』と隣接していて、店内のバーカウンターには落花生が並べられ食べ放題なのである。
しかも食べた落花生の殻は足元に捨てるしくみになっていて、床は落花生の殻で埋め尽くされている。

そんなバーだ。

どんなバーだ。。。

金沢へお越しの際は是非足を運んでほしい。
そして、西永を知ってると言えば話は盛り上がるだろう。

そんな大学の頃、毎日のように通っていたこのお店。久しぶりに店内へ。

マスターが覚えていてくれて、2年半ぶりの再会に懐かしさも込み上げる。
金沢にいきなり帰ってきて、外国人をたくさん連れて来る男をどう思ったのだろう。。。

この日はさすがに車なので、飲めず、酔っ払いの外国人のお世話という激務を遂行した。
みんなテキーラとかショットでガンガンいっちゃうからね。

RIMG0007_convert_20100906171819.jpg

一番右が私だが、私の左に黒人のモーリタニア人がいるのがわかるだろうか?
あと、左から2番目の子は『JAPAN TENT』というイベントのスタッフです。

店を出、まだ飲み足りないと夜の片町をうろつく留学生。
横須賀じゃねえよ、ここは。横須賀をよく知らないが。

いい加減、帰りたくなった私は、素直に帰ろうと告げる。
みんなしぶしぶ納得。
家路へと車を走らせる。

なんか、俺が悪いみたいな感じだったよ?!
空気よめねえな、みたいな。
もっと金沢満喫しようぜ、みたいな。
そんな事は言われなかったが、なんとなくそう思ったり。。。
いやいやいや、ノンアルコールだったし!
帰省の余韻に浸りたかったし!

次の日からは地元の友人と会うため、別行動を取らせていただいた。

異文化交流はまた後日、家の食卓でゆっくり!!

とりあえず初日はこんなもん。。
これは、長くなりそうだ……
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © アンラッキー・デイズ. all rights reserved. ページの先頭へ